料金表

料金表

※表示価格はすべて税抜です

検査費用

検査料 65,000円
診断料 20,000円
CT撮影料 1回:15,000円
むし歯検査(細菌検査・唾液検査) 5,000円

矯正費用

契約料 550,000~650,000円

※診査・診断後、金額をお見積もり致します

分割払い可

契約料は、半年に1回、2~3回に分けてお支払いいただくなどの、分割払いが可能です。ご希望の方は、お気軽にお申し出ください。

調整料 1ヶ月あたり:5,000円

※何度ご来院されても、追加金額は発生しません
※ご来院がない月は、お支払いいただく必要はありません

装置費用

セラミックブラケット

上顎 30,000円
上下顎 60,000円

矯正用インプラント

1本 15,000円
お支払い方法

現金、お振込み、クレジットなど、各種方法でお支払いいただけます。

医療費控除について

医療費控除とは

医療費控除とは

矯正治療は、医療費控除の対象となります。医療費控除とは、患者さん、または生計をともにするご家族が、1年間(1月1日から12月31日まで)に医療費を10万円以上支払った場合、確定申告することで税金の還付が受けられる制度です。
この制度を利用することで、費用を抑えて、矯正治療を受けることが可能となります。

医療費控除額の計算

医療費控除額=「1年間の医療費の合計」-「保険金などの受給金額」-「10万円(所得が200万円未満の場合はその5%)」

確定申告に必要なもの

  • 歯科医師の診断書
  • 医療費の明細書
  • 交通費など、通院時にかかった費用の領収書
  • デンタルローンの契約書・明細書

※2017年度から、医療費の領収書の提出・提示が不要になっています。ただし、ご自宅で5年間保管しておく必要があります。

保険が適用されるケース

指定自立支援医療機関

指定自立支援医療機関

当院は、指定自立支援医療機関(育成・更生医療)です。顎変性症など、外科手術が必要な疾患への矯正治療や、厚生労働大臣が定める疾患(先天異常)にともなう不正咬合を、保険適用で受けていただけます。

保険適用となる疾患

先天異常のうち、下記の53種類の疾患と顎変形症が保険適用となります。これらに該当する方は、厚生労働省が定める指定自立支援医療機関(育成・更生医療)にて、保険適用で矯正治療が受けられます。

保険適用となる53種類の疾患
  • 唇顎口蓋裂
  • ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む)
  • 鎖骨・頭蓋骨異形成
  • トリチャーコリンズ症候群
  • ピエールロバン症候群
  • ダウン症候群
  • ラッセルシルバー症候群
  • ターナー症候群
  • ベックウィズ・ヴィードマン症候群
  • ロンベルグ症候群
  • 先天性ミオパチー(先天性筋ジストロフィーを含む)
  • 顔面半側肥大症
  • エリス・ヴァン・クレベルド症候群
  • 軟骨形成不全症
  • 外胚葉異形成症
  • 神経線維腫症
  • 基底細胞母斑症候群
  • ヌーナン症候群
  • マルファン症候群
  • プラダーウィリー症候群
  • 顔面裂
  • 大理石骨病
  • 色素失調症
  • 口‐顔‐指症候群
  • メービウス症候群
  • 歌舞伎症候群
  • クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
  • ウィリアムズ症候群
  • ビンダー症候群
  • スティックラー症候群
  • 小舌症
  • 頭蓋骨癒合症(クルーゾン症候群、尖頭合指症を含む)
  • 骨形成不全症
  • ルビンスタイン-ティビ症候群
  • 常染色体欠失症候群
  • ラーセン症候群
  • 濃化異骨症
  • 6歯以上の先天性部分(性)無歯症
  • チャージ症候群
  • マーシャル症候群
  • 成長ホルモン分泌不全性低身長症
  • ポリエックス症候群
  • リング18症候群
  • リンパ管腫
  • 全前脳(胞)症
  • クラインフェルター症候群
  • 偽性低アルドステロン症(ゴードン症候群)
  • ソトス症候群
  • グリコサミノグリカン代謝障害(ムコ多糖症)
  • 脊髄性筋委縮症
  • 口腔・顔面・指趾症候群
  • フリーマン・シェルドン症候群
  • その他顎・口腔の先天異常
pageTop